浪費家、家を買うまでのまとめ。

妻と子と私の生きる道。節約生活!を書かせて貰っている伊藤零一です。こちらでは家についての話を記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m メールアドレス:yu_ki19831112@yahoo.co.jp

家の材質編その3と、2の補足。

こんばんは、伊藤零一です。

余裕が無い!余裕が欲しい!(叫び

 

さて…。

itou-zeroichi.hatenadiary.com

その2では、YKKの窓を紹介しましたが具体的に数字を出しておりませんでしたね。さーて、数字を出しましょう。

窓で大切なのは、「熱貫流率」です。この数値は熱の伝わりやすさを示したものでして、数値が低い方(小さい方)が優秀です。

APW330アルミスペーサー仕様で1.37

     樹脂スペーサー仕様で1.31

だそうです。

因みに昔ながらの窓(曖昧ですが…)だと6.0前後だそうですので、そう考えるとAPW330でも十分な効果が期待できますね!

 

因みに、APW430では…0.90です。幻の0.9台です!!が、さてさてそこまで求めるかな?と言う所。お金があったら私はやりますが、無いので…(-_-;)

 

もう一つ紹介してましたAPW310ですが…熱貫流率は2.14です。

 

数字だけですが、紹介させて頂きましたm(__)m

YKKの他、リクシルや他の所でも窓ってあると思うので、色々調べて工務店さん等に聞くと良いかと思います。知識は多いほど役に立ちますよ!

 

それで、今回の材質その3ですが、確か…玄関ドアとその周辺と言ってました!

玄関も重要な部分ですね。

ドアは、YKKのヴェナードD2です。YKKが多いのは何故かな?仙台エアサイクル住建さんには「断熱性能が良い奴をお願いします!!」としか言って無かったので、会社までは選んでおりませんでした。

ドアは沢山種類があるのですが、このヴェナードD2は断熱性能も優れております。熱貫流率は2.33です。なんと窓に劣ってしまいますが、ここは仕方ないのかなと。大体玄関ドアは開け閉めするわけですから、開ければそれだけ断熱の意味が無くなります。なので、ここは周辺でこだわる事にしました。リビングと玄関を直通にすると、玄関ドアを開けた時にリビングの空気が外に逃げてしまうので、玄関とリビングに仕切りのドアを付ける事にしました。これでリビングに寒い(または暑い)風が入る事はありません。

 

どれだけ断熱性にこだわれば気が済むんだ…と思うくらい色々考えましたが、玄関ドアは結局デザインで選んだ気もします(笑)リビングに直接風が行かなければ問題ないという結論でしたm(__)m

 

次回は…何にしようかな?と思っております。ちょっと考えてみますので、お楽しみにしててくださいませ。

 

有難うございましたーm(__)m