読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪費家、家を買うまでのまとめ。

妻と子と私の生きる道。節約生活!を書かせて貰っている伊藤零一です。こちらでは家についての話を記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m メールアドレス:yu_ki19831112@yahoo.co.jp

この事は今日書きたくて。22年前の阪神淡路大震災に思いを寄せる。

こんばんは、伊藤零一です。

私が小学生の時に、題名にある「阪神淡路大震災地震は起きました。

 

阪神淡路大震災、私は宮城県に住んでいたので正直言って遠い話だと、当時感じておりました。もちろん、まさか自分の近くでそんな地震が将来起こるなんて。思ってません。

 

テレビで見て、高速道路の倒壊、火災、そして建物の倒壊が連日テレビに出ます。

少し話は違いますが、姉歯建築設計事務所が不正をしていた事件がこの地震の後、ありましたね(確か後ですよね?)

二つの事を重ねて考え、そして私も経験した東日本大震災を重ねていくと、本当に辛いと感じます。熊本の地震もショックでした。沢山の人が犠牲になる地震は、本当に恐怖です。

自分の建てて貰った家は、耐震等級3で今の所最高ランクみたいです。頑丈な家を建てることが出来ました。

 

 

家族を犠牲にしたくない。

妻や子どもを危ない家に住まわせたくない。東日本大震災が二度と起きないとは限らない。そんな思いも持ちながら家を考えました。

 

このホームページを見てくださってる方は、家の情報について知りたいなーと思っている方が大半だと思います。

断熱材や、窓、玄関に、リビングやキッチンはどうしようか?と考えていると思いますが…。

地震大国日本ですから。頑丈な家、考えてみませんか?

 

実際耐震等級3を取ろうとすると、金具を沢山つけたり装置をつけたり、柱や支えが多くなったりして自由性は減る場合もあると思います。

 

それでも是非。

 

地震対策について、今相談しているメーカー、工務店さんに聞いてみてください。

持論ですが、耐震等級1でも大丈夫なんて言ってる人が信じられません。法律では大丈夫なのかもしれませんが、本当に安心して住める家を考えるのが定石のはず。

こんな地震が多いのに耐震等級1で?本当に?と、私は思います。

長く住む家なので、ぜひぜひ多方面から考えてみてくださいませ。

 

地震や、その影響で亡くなった全ての方に哀悼の意を捧げます。

 

ここまでお読みくださいまして、有難うございました。