読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪費家、家を買うまでのまとめ。

妻と子と私の生きる道。節約生活!を書かせて貰っている伊藤零一です。こちらでは家についての話を記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

現在の工務店兼設計事務所「仙台エアサイクル住建」に辿り着くまでの軌跡 その2

こんばんは、伊藤零一です。

この記事は続き物ですので、宜しければ最初の方をご覧くださいませ。

itou-zeroichi.hatenadiary.com

itou-zeroichi.hatenadiary.com

 

こんなところでしょうか。

私がハウスメーカーを辞めた理由は「高いから」と、「自由性が無い」=自分の思っている家が建てられない!

と言う所から始まりました。

また、、広告費→自分の建てている家の価格に反映と言う所もあるため断念。有名俳優さんのためにお金を出せるほど、私も資産家では無いので(´・ω・`)辛いところです。

 

本題です。

ハウスメーカーでの建築を諦め、次に向かったのは比較的?現実的な家の大きさの展示場です。(ローカルネタですが、岩沼でやっていましたね、今もやっているのかな。)

 

そこでは30坪~35坪程度の家が展示場としてあり、どうやら展示会が終わったらそのまま誰かが住むとか??そんなシステムになっているため非常に現実的な展示場となっておりましたので、見学に行きました。

 

その時の自分の頭の中では、ある程度家の形から材質、基礎から屋根から壁から…かなり調べておいて、行きました。金額もある程度自分が借りられるめどを考慮しながら…ですが。

展示場の前に。

実はこの展示場に来る前に、良いなと思った「ハウスメーカー」がありました。そのハウスメーカーは口コミでの広がりを見せており、あまり広告はやりません。ちょっとはやってますが、毎日テレビで見るような大手メーカーではなく、細々とやっているメーカーです。(規模は大きいところだと認識しております)

 

そこで商談をしてみて、前回の話になりますが「オプション」と言う恐ろしい言葉と「無垢材を使うと高額になる」と言う現実を知ってしまいます。

確か…

オプションで500万円以上プラスになる上に、無垢材だともっとプラスになるとかなんとか…。

 

(-_-;)私には無理です。

 

商談がかなり進んでいたのですが、辞めてしまいました。折角色々提案して頂いたのに申し訳ないのですが…。

 

それで、展示場の存在を知りました。

展示場の話。

展示場ではハウスメーカーもありましたが、工務店さんが数多く出棟されておりました。本当に他の大きな展示場と違ってコンパクト!凄く現実味がありまして、勉強になりました。

ここでも大きな壁にぶつかるのですけどね…。(笑)

大体建っている建物価格が表示されています。「この値段なら…!」と思い、意気揚々と話を聞きます。

 

しかし!!

そんな表示されている値段で済むわけがないのです!建ててみないと分からない価格が山ほどあることに気づくのです(-_-;

例えば

  1. その建物代には土地の改修費用は入っておりません(必要なければ0ですが)
  2. 電気水道ガスの設置料金
  3. カーテン
  4. 照明器具
  5. その他の諸経費と言われる書類費用
  6. 長期優良住宅にするための費用

などなど…。例えばですが、建物価格1700万円!と書いてあったら

ざっくり見積もりますけど+400万円(かなり多めに書いていますが)は上乗せされると思っても良いかもしれません。

 

400万円は多すぎでは?と自分でも思ったのですが、展示場のスタイルで済むのは殆どなく、その人それぞれの生活スタイルに合わせたり、仕様変更したりすれば大抵値段は上がります。なので、多く見積もってみました。(絶対ではありませんけどね)

 

1700+400=2100万円に、土地代です。きついですよね…。私は貧乏なので、2100万円なんて無理!って当時思っていました。

東日本大震災の影響で、宮城県の物価が若干上がっていましたので…土地代がかなり高かったんですよね。しかも、良い場所は大体取られている。本当に厳しいんです。

私が借りられる限度は2500万くらいじゃないかな…と思っていたので、到底無理です。

…正直なところ、2500万円で土地と家って無理だよなぁ…と正直に思っておりました(-_-;)

 

ここで、思わぬ転機が訪れるのです。この時点では、まだ「仙台エアサイクル住建」さんの事は全く知りません。

続きは次回でお願いします。

ここまでお読み下さいまして、有難うございましたm(__)m