浪費家、家を買うまでのまとめ。

妻と子と私の生きる道。節約生活!を書かせて貰っている伊藤零一です。こちらでは家についての話を記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m メールアドレス:yu_ki19831112@yahoo.co.jp

家を建てる前に考えていた事。健康、家族、お金、場所…そしてメーカー。

こんばんは、伊藤零一です。

家を建てる前に考える事と言えば、やはりどんな家を建てたいか!ですよね。

資金も勿論大切ですが、妻と子どもとどんな家にしたいかなぁ…と考えるのが楽しみの一つでもあると思われます。

 

 家を建てるための条件(私の場合)

正直なところ、私は住宅展示場のような大きな家を希望はしていませんでした。むしろ平屋でも良いと思っているくらいの小さい家好きで、こまごましている方が私は好きだ!と主張しておりました。

しかし、妻は2階建てにこだわります。流石に、アパートのように小さいのは子どもを育てる環境と考えると辛いかも…と。何より、私と妻は「荷物の多い夫婦」ですので確かに平屋は現実的ではありませんでした。

土地も、考え始めた時は親から譲り受ける事も考えて無かったので、お金もかけられないし…、狭い土地かなーと考えておりました。

 

小さくても住めれば良い、どうせ小さくするなら上には高く二階建てにして、楽しい生活を送ろう…と、そんな気持ちで妻と二人、夢を膨らませておりました。

 

早速の壁。

妻の友人が家を建てるために住宅展示場を見学に行きたいと言う事で、私達もいく事になりました。住宅展示場で最初の壁にぶつかります。

とあるハウスメーカーさんに行くと、さっそく「予算はいくらですか。土地はあるのですか?」と聞かれます。まだ予算は何となくでしか決まっていなかった事や、土地は無い状態で行ったのも悪かったのですが、ほぼ相手にされませんでした。冷やかしとしか見られず、適当に見て下さいと言わんばかりの対応をされます。

最初に見たところでは、「予算も土地も分からないのに見に来ないで」と言われてしまい、落ち込んだのを覚えております(-_-;)

 

そのハウスメーカーは健康志向であり、とても興味がありました(健康志向に興味がわいた理由は次回!)

しかし、対応があまりにも冷静であり、直球で言われてしまったため…相当へこみました(でも、土地はまだしも予算は考えていかないと展示場の人にも失礼ですよね。今ならそう思いますが、どうしたら良いのかさっぱり分からず恥ずかしい思いをしました)。

是非建ててみたいと思っていたものの、心砕かれ二度とそのハウスメーカーには行けませんでした。その代わりに、「予算とはどうすれば決められるのか?住宅ローンとは?」と、色々調べるきっかけにもなりました。

家を建てるのは難しい!勉強しなければ…と、思いながら。凹み倒した伊藤零一でした(-_-;)

 

今日はこれくらいで、失礼しましたーm(__)m